徹底リサーチ☆宝石買取業者6選

宝石の保管環境と鑑定書という2つのポイント

HOME > 宝石の買取情報 > 宝石の保管環境と鑑定書という2つのポイント

宝石の保管環境と鑑定書という2つのポイント

宝石の買取価格は、状態に左右される傾向があります。
品物の状態が良い方が、高く売れやすい訳です。
このため宝石を高く売りたい時は、できるだけ良好な環境で保管するのが望ましいです。
そもそも宝石は、かなりダメージを受けている事があります。
とりわけ注意を要するのは湿度で、乾燥している場所で保管するのは望ましくないとされています。
というのも宝石によっては、水分を比較的多く含んでいます。
その水が減ってしまいますと、宝石の状態が悪くなってしまう訳です。
空気が乾燥している場所で宝石を保管してしまうと、石の中の水分が蒸発してしまい、劣化も進んでしまいます。
それでは買取り価格も下がってしまいます。
ですから高額売却を目指すなら、あまり乾燥しない場所で宝石を保管するのが望ましいです。


何も湿度だけではありません。
太陽の光も注意を要します。
とりわけ注意が必要なのは紫外線で、なるべくそれが当たらない場所で宝石を保管する方が無難です。
そもそも太陽の光は、様々な物にダメージを与えてしまう傾向があります。
例えば住宅の壁です。
建物の壁には太陽の光も当たりますが、長い間光が照射され続けると、壁もダメージを受けてしまう訳です。
現に築年数が古い住宅ですと、壁が劣化している事も少なくありません。
それは宝石も同様です。
太陽の光が宝石に照射され続けてしまえば、だんだん状態も悪くなってしまい、買取価格も下がりやすくなります。
ですから宝石は、窓の近くに保管するのは望ましくありません。
直射日光が当たる場所は控えて、専用の箱に宝石を収納しておく方が、買取価格も高くなりやすいです。


また宝石を高く売りたい時は、書類も1つのポイントになります。
そもそも宝石を買った時には、必ずと言って良いほど鑑定書がワンセットが付いてきます。
というのも宝石は、稀に偽物が出回っている事があります。
ですからトラブルを防止する為に、本物である事を証明する鑑定書もワンセットになっている訳です。
買取店に宝石を提示する時は、その鑑定書も添付する方が無難です。
鑑定書もセットにして宝石の査定を受けると、価格も高くなりやすいです。
ちなみに鑑定書が無くても、宝石を買い取ってもらう事はできます。
専門知識があるお店なら、たとえ鑑定書が無くても、本物であるかどうかを確認できるからです。
ですが、その書類がある方が買取価格は高くなる傾向があります。
ですから買った時の鑑定書は、紛失しないよう保管しておくのが望ましいです。

カテゴリー