期間従業員の求人はどう探すのか

期間従業員の求人を探すには、大手のメーカーのホームページを見るというのが1つの方法です。しかし、メーカーに直接応募するよりも、派遣会社から出されている求人に応募したほうが入社祝金などの特典がついてくることがあるので、おすすめです。期間従業員の募集は、派遣会社に委託をしているというメーカーもたくさんあります。採用面接だけでなく、健康診断や入寮、研修中のサポートなども派遣会社に任せられていることがあります。しかし、メーカーによって委託をしている派遣会社は異なるので、転職サイトを見るのが良いでしょう。工場の仕事をメインで扱っている、転職サイトを見て探すという方法が、もう1つの探し方です。あるいは、働きたいメーカーが決まっているなら、検索サイトで「メーカー名、期間工」というキーワードで探すと、最近の募集要項のサイトが出てくるかもしれません。

募集要項をしっかりと読んで、他社とも比較をする

期間従業員の求人は、時期によって条件が変わってくることも多いので、募集要項をしっかりと読んでおきましょう。普段は入社祝金が出ないようなメーカーでも、時期によっては入社祝金が支給されるという条件に変わっていることもあります。特に、繁忙期に大募集をかける場合などには、好条件がつけられている可能性があります。入社祝金が支給されなくても、月収が高かったり、満了金が多めにもらえたりすると、総合的にはメリットが出るでしょう。入社祝金はすぐにもらえるお金なので、重視する人が多いですが、1年、2年と長く働いていると、月収や満了金のほうが重要になってきます。皆勤手当てが4万円くらい支給されるところは魅力的ですが、体調管理に自信がない人は、むしろ皆勤手当の金額よりも、他の条件のほうを重視したほうが良いかもしれません。

契約期間については必ず確認しておく

メーカーによって、契約期間が3ヶ月となっていたり、6ヶ月となっていたり、差があります。契約更新は3ヶ月ごとだが、満了金の支給や昇級は6ヶ月ごとに支給されるようになっているメーカーもあります。契約期間は長いほうが安心できますが、3ヶ月だけ働きたいという人の場合、契約期間が3ヶ月と設定されている期間従業員の求人しか選択肢がなくなります。3ヶ月しか働けないのに、6ヶ月の契約を結んで、途中で自己都合退職をしてしまうことは、社会人としてのマナーに反するので、やめておきましょう。契約期間の途中でも、やむを得ない事情がある場合には、2週間前に申告をして退職をすることができます。家族の病気などの事情では、すぐに退職が認められることもあります。しかし、特に事情がないのに契約期間の途中で辞めるということは、常識がないと思われてしまいます。