期間従業員の求人の時給や待遇についての基礎知識

期間従業員とは、企業が定めた期間直接雇用で契約し、契約された本人の意思と職場の操業の状況に応じて、設定された最大契約期間の範囲内で契約期間の延長、延長辞退による退職が可能な仕事で、主にインターネットや求人情報誌を中心に、新聞や広告、またハローワークなどでも募集しています。目につきやすい募集で多く見かけるのは自動車製造や部品製造関連が圧倒的に多く、そのほかにも半導体製造や電子機器の製造、一部の紡績業など人手を多く必要とする職種での求人が多いです。期間従業員の仕事や待遇の特徴としては、寮費が無料、もしくはアパートなどと比較すると低い家賃で寮に入る事が可能で、一般的には得られる給与はやや高めで福利厚生面が充実しているところが魅力であり、複数の種類の交代制勤務で業務にあたる事となります。

業務の内容や勤務形態などについて

期間従業員の勤務形態に関しては、毎日朝8時前後から勤務を開始する常昼勤務、朝6時半前後からと夕方4時前後から交代で勤務する連続二交代勤務、朝8時前後からと夜8時前後から交代で勤務する昼夜交代勤務、朝8時前後からと夕方4時前後からと夜12時前後からの3交代で勤務する3班3交代勤務、昼夜交代勤務の時間を朝から4日勤務して2日休んで夜から同じリズムで勤務と、休日は曜日を無視して行う4勤2休などの種類があります。期間従業員の仕事の内容は、部品組み立てや部品の運搬、部品の鋳造や加工、塗装や完成品の検査などがありますが、基本的に単純な仕事内容の繰り返しで、入職後2週間からひと月弱ぐらいの教育期間があり、企業の正社員が決められた作業手順に基づいて作業ができるようになるまで丁寧に教えてくれます。

給与や手当、福利厚生や休日などの待遇について

求人内容にこれらの情報はきちんと記載されている通りで、社会保険完備の会社がほとんどで、土日は基本的には休日となりますが、操業の状況によっては土曜、もしくは日曜も休日出勤となる場合があります。ゴールデンウイーク、お盆休み、年末年始には長期休暇があり、大体10日前後ほどの休みとなる他に、企業の規定によりますが、大体半年間勤務をすると10日ほどの有給休暇が貰え、有給取得日から一年後に更に11日ほど有給休暇が貰えるのが一般的です。給与に関しては時給制なら1200円前後、日給なら9000~10500円前後ぐらいで、一定の勤務期間を超えると単価が上がる企業が多く、求人内容にも記載されているように皆勤手当てや勤務日数に応じて金額が上昇する慰労金、赴任手当や企業特有の手当が多数存在していますので、募集内容をよく確認し、複数の企業と比較しながら吟味すれば、短期間で大きな貯金を作ることが可能です