人気のある期間従業員の求人とは

期間従業員の求人は、大手の自動車メーカーなどから募集されている、期間の定めのある契約社員の仕事です。メーカーによって仕事内容は異なりますが、給料はとても高く、福利厚生も充実していますが、その半面でとてもハードな仕事となっているようです。大手の自動車メーカーの工場で働いた経験は他の職場でも活かせるので、転職でも有利になるという意見があります。地方の工場の正社員になりたい場合にはもちろん、全く異なる職業に転職をする場合でも、ハードな仕事をこなしていたということはアピールポイントになることでしょう。どのような仕事でも健康管理のスキルや体力は必要になるので、ハードな自動車メーカーの工場で1年くらいでも働いた経験があると、一定の評価がされるでしょう。

給料などの条件はどうなっている?

期間従業員の求人は、給料が高いことで有名です。ケースバイケースですが、年収は380万円~420万円くらいになるようです。休日出勤や残業をどのくらいしたかによっても異なってきますので、だいたいの目安となります。正社員として働いていても、年収が400万円を超えるのは5年~10年くらい働いてスキルを磨いていないと難しいでしょう。入社して1年目からこれだけの高い給料がもらえるという仕事は、なかなかありません。さらに、寮費と水道光熱費が無料という福利厚生がついていることが多いです。実家から出てくる人にはあまり恩恵は感じられないかもしれませんが、賃貸マンションで暮らしていた人などは、かなりの生活費が節約できるということを実感できるでしょう。地方暮らしでも、家賃と水道光熱費だけでも年間60万円は超えることが多いです。

転職でも有利になる?アピールポイントを考えよう

大手の自動車メーカーの工場で働いていたという経験は、転職でも有利になります。期間従業員の求人は、給料がとても良いのでたくさんの人が注目しています。知名度が高いということは、面接の時に注目されやすいということでもあります。書類選考でも、経歴を見て「会ってみたい」と考えてもらえる可能性が上がります。ハードな仕事を1年間でもこなしていたなら、体力や健康管理スキルの証明になります。また、契約期間を満了までしっかりと働いていた場合には、責任感があるということも評価されるでしょう。6ヶ月の契約更新となっていたら、しっかりとその期間は働いてから転職をしましょう。どのような仕事でも体力や健康管理スキルは重要になるので、地方の工場で正社員を目指している人だけでなく、全く種類の異なる職種への転職をする場合でも有利なポイントとなるでしょう。